ドラマや映画は夫婦共通の話題にもってこい

ソファでくつろぐ夫婦夫婦

こんにちは、不器用父ちゃんです。

共働きしていると、それぞれの職場の話題が多くなります。
それはそれでいいのですが、同じ職場でない限り、
共通の話題としては話せなくなってくると思います。

共通の話題はコミュニケーションを円滑にして、話に花を咲かせてくれますね。
ですから夫婦で共通の話題は、あって困ることはないと思います。

今回は、そんな『共通の話題を楽しく増やせること』について記事にします。

この記事を読み終わると夫婦の会話ネタが増えているはずです。

スポンサーリンク

共通の話題を持とう

インターネットを観る夫婦

結論を先に書くと、

意識して共通の話題を作っていこう

です。

こどもの話題は鉄板

こどもについては共通の話題になりやすいですね。
イベントがなくても色々話したくなるものです。
あんなことがあった、こんなことがあった。
あの仕草がかわいい、あの言葉が嬉しかった。
挙げればキリがありません。
それだけでも共通の話題は成り立ってしまう位です。

ですが、それでは話が終わってしまうので、他の話題について書いていきます。

近所のこと

これも話題に挙がりやすい上に、実際にお互いが見ていることが多いのではないでしょうか?
近くにあんな店ができた、あの道は最近混んでいる等。
目にしていることで、具体的に話しやすいですし、親近感も湧きます。
自分の行動にも影響しますので、話が続きやすいです。

親のこと

これも元々共通認識があるので、話しやすいですね。
それぞれの親の状態や変化を報告しあったり、愚痴を聴いたり。
自分達の身近の話題ですし、情報交換もできるので我が家ではよく話に出ます。

スポンサーリンク

共通の話題が少なかったら

上述した話題は、全ての家庭に共通したものではないかもしれません。
家庭によって家族構成、価値観、環境などが違いますからね。
ですが共通の話題があると、スムーズなコミュニケーションが図りやすいのは事実だと思います。

もし、共通の話題が少なかったら。
まずは手近なものを話題にしてみましょう。
例えばテレビやネットは、2人で簡単に見れて話に出しやすいです。
2人で興味のあるものを示し合わせて、お互いが面白いと思うものを探していきましょう。

我が家の場合一例

我が家ではAmazon prime videoなどのサブスクリプションサービスを利用して、好きなドラマや映画を2人で観ています。
もちろんテレビも一緒に観ますが、観たい内容が、観たいタイミングでないこともあるので。
テレビの特番や連続ドラマなどの時間がわかっているものは、録画して観たりはします。
録画するものを決める擦り合わせも楽しいですよ。
あれが観たい、これが見逃せない、なんて会話が既にコミュニケーションなんですから。

 

ネット関係はスマホに共通のアプリを入れる時や、スマホの操作で困っている時位しか話題に挙がりません。
特に妻はPCやスマホはほとんど使わないので、共通の話題になりにくいです。

それ以外では、上記の家族、近所、親のことを話すことが多いです。
なんだか普通ですいません(汗)。

まとめ

今回は、以下のポイントを押さえて記事にしました。

・夫婦共通の話題を意識して作っていこう
・共通の話題は意外に多い
・それでも共通の話題がなければ探してみよう
・上記を踏まえた我が家の一例

共通の話題は家庭内の潤滑油になりますので、是非沢山探してください。
我が家もまだまだ探していきます。

『共通の話題を楽しく増やせること』について、参考になれば幸いです。

以上、最後までお読み頂きありがとうございました。

スポンサーリンク

コメント