インフルエンザの予防接種を受けました

予防接種雑記

こんにちは、不器用父ちゃんです。

今回は雑記です。

前回のブログ記事の続きではありませんが、今年のインフルエンザの予防接種を受けました。
毎年受けていますが、今回は本ブログにてその感想を記録しておきたいと思います。
同じようにインフルエンザの予防接種を考えている方々の、特にこどもを持っている親御さんの参考になれば幸いです。

スポンサーリンク

今年の予防接種の感想

クリニックの受付

毎年職場でインフルエンザの予防接種を受けています。
今年も職場で受けました。
感想を記録していきます。

・痛みはほとんど感じなかった
・注射器を刺されたことは感じた
・薬剤を注入されていることは感じた
・注射器を抜き取られていることは感じた
・予防接種後の腫れはほとんどなかった
今年は例年以上に痛みを感じませんでした。
その代わりに『今何をされているのか』は、しっかりと感じました。
毎年予防接種後の腫れは少ない方ですが、今年も腫れはほとんどありませんでした。

こどもの予防接種の前に

なぜこの記事を書こうと思ったかというと、今後こども達の予防接種を予定しているからです。
こども達の予防接種の前に、まず親が予防接種を受けておきたかった。
そしてこども達に「そんなに痛くないよ」と伝えたかったのです。
実際に予防接種を受けていれば、その言葉に説得力が増します。
上記の感想は小さいこどもには難しいと思いますが、上手く噛み砕いて伝え、こども達の不安解消に利用したいと思っています。
この記事に感想をアウトプットして記録しておけば、こども達に伝える際の解釈に役立つと思っています。

スポンサーリンク

まとめ

インフルエンザの予防接種は毎年のことです。
こども達も不安に感じていると思います(そのため直前まで予定を伝えませんが)。
親が実際に予防接種を受けて、その感想を伝えることで、不安が少しでも収まればいいと思っています。

こども達の健康のための予防接種。
今後も受け続ける予定です。
そのため親もできるだけ時間と費用を工面していきたい。
それだけでなく、今回のように実際に受けた感想も伝えられればいいと思っています。

以上、最後までお読み頂きありがとうございました。

スポンサーリンク

コメント