家計管理はクレジットカードを活用しよう

クレカとレシート家計管理
こんにちは、不器用父ちゃんです。
日々の家計管理は面倒ですよね。
家計簿なんて特に面倒です。
でも、適当な管理では貯まるものも貯まりません。
今回は、なんとなく家計管理でも、ある程度まとめることができるコツを記事にします。
このコツを使って、我が家の家計管理は週に1度程度の記録・確認で済んでいます。

この記事では『クレジットカードを使った家計管理のコツ』について書いています。
この記事を読み終わると、家計管理が少し楽になっているはずです。
スポンサーリンク

利用できるものは利用しよう

通帳
先に結論を書くと、
クレジットカード明細を家計簿代わりにしよう
です。

クレジットカード明細を利用する

なぜクレジットカード明細を利用するかというと、色々なデバイスで見れる上、保管も簡単だからです。
スキマ時間に確認しやすいし、記録忘れがないこともメリットですね。
何しろ自動で記録してくれますから。

スマホを利用して管理できる

クレジットカード明細はスマホで見れます。
この点でかなり気軽に管理できるんじゃないでしょうか?
また、電子マネーやQRコード決済による買い物も、基本はクレジットカードに紐付けされているものです。
光熱費などの固定費もクレジットカード決済にしておけば、管理が一元化できます。
色々な出費をできるだけクレカに集中するだけで、おおよその家計の流れが掴めるんです。
ただ地域によって、どうしてもクレジットカード決済が無理なものもあるので、その時は諦めましょう。
別枠で管理するしかないですが、できるだけ出費をクレジットカードに集中しておけば、別枠は大きな金額ではなくなってるはずです。

通帳を利用する

通帳を家計簿代わりに使うのもありです。
ただし、詳細を記録するとなると、ATMを長く使わなくてはならないことが面倒です。
やはりネット銀行でスマホ管理がスマートですね。

物理的に家計簿を持っておきたいという方は、スマホと通帳を併用するのもいいですね。
どうしても口座引き落としでしか対応できないものもあります。
それなら、通帳を家計簿代わりにすることも最小限必要です。
クレジットカード明細と通帳を合わせて一つの家計簿、というイメージです。

スポンサーリンク

家計の大きな流れを把握する

考え方の1つとして完璧を求めないことです。
細かく見ていくのは、大変ですし、僅かなミスも気になり始めます。
だから、家計簿をつける目的を、『大体の流れを把握すること』に設定するのです。
そして、家計の大きな流れを把握することで、お金の出入りの要所を掴むのです。

節約の前に流れを掴む

節約が家計管理の肝ですが、やみくもに行っても苦しいだけです。
要所要所を絞めればいいので、まずは流れの把握です。
流れがわかれば、絞めるポイントがわかる。
絞めるポイントを重点的に絞めて節約する。
ここで絞めすぎないことと、絞めるポイントを多く取りすぎないようにすることが肝要です。

基本的には、大体流れを掴んで適度に節約する、という流れです。

我が家の家計管理の例

クレジットカード

ほぼ全ての出費はクレジットカードです。
対応できるものは電子マネー、QRコード決済、クレジットカードのどれかで払うようにしています。

クレジットカード明細(レシート)は、その分の出費分の金額と一緒に封筒に同封しています。
クレジットカードによる赤字を回避する策ですね。
ここの詳細は、機会があれば別記事にします。


通帳(口座引き落とし)

口座引き落としでしか対応できないものは少しだけです。
クレジットカード決済に変えてほしいですが、自分の都合で変えられないので、口座引き落としで対応しています。

現金

ほんの僅かですが、現金しか対応できないものもあります。
本当に少しなので、専用ノートに記入して管理していますが、月に1回程度なので、それほど負担ではありません。

まとめ

今回は、以下のようなポイントを押さえて記事にしました。

・家計管理は大変、特に家計簿は大変
・クレジットカード・通帳など利用できるものは利用して、時短する
・家計の大きな流れを把握して、節約するポイントを見極める
・我が家の家計管理を一例として挙げる

クレジットカードはうまく利用すれば、かなり便利です。
ただし、使い過ぎによる赤字には十分注意してください。
当サイトでは一切責任は取れません。

『クレジットカードを使った家計管理のコツ』について、参考になれば幸いです。

以上、最後までお読み頂きありがとうございました。


スポンサーリンク

コメント