こどものお小遣いは目的を持たせるのが大切

こどものお小遣い育児

こんにちは、不器用父ちゃんです。

我が家では小学校1年生の長男にお小遣いを渡しています。
目的はお金は有限であり、大切なものであることを知ってほしい。
そして物の価値を知り、お金を上手く使いこなせるようになってほしいため
です。
だから現時点でのお金の失敗は糧になると思い、使い道にはあれこれ言いません。
ただお金を貯めるにしても、使うにしても、目的が大切だと思っていますので、
よく長男と話をしています。
こどものお小遣いはいつから、どうしてますか?
はじめまして、不器用父ちゃんといいます。 初投稿で緊張していますが、よろしくお願いします。 こどもへのお小遣いはいつから始めればいいか、悩んでいませんか? 具体的にどの位の金額を、どのように渡していけばいいか等、考え始めるときりが...

この記事は、『こどものお小遣いの目的』について書いています。

この記事を読み終わると、こどものお小遣いについて、改めて考えてみようと思えるはずです。

スポンサーリンク

目的を持ち、アプローチする

手のひらの上のコイン

結論を先に書くと、

物事は目的を持って行い、それに向けてアプローチすることが大切だとわかってもらう

です。

お小遣いを始めた理由

お金について学ぶことは大切です。
ある程度の年齢になれば、お金について勉強を始めていくのがいいと思い、我が家はお小遣いを始めました。

お金は色々な面があります。
お金で物を買えます。
しかし、お金がなくて生活できないなんて怖い面もあります。
お金に対する価値観も人それぞれです。
重要視していない人もいますね。
こども達にはお金の色々な面を学んでいき、自分なりの価値観を作っていってほしいです。

目的はなんだろう

お金を貯めるにしても、使うにしても目的を持つことが大切です。
「◯◯を買いたい」、「△△に使いたい」など、自分なりの目的を持ってほしいです。
その目的は現時点で良い悪いを問いません。
失敗も含めて勉強なんですから。
今失敗しても、お小遣いの範囲内のこと。
いくらでも取り返しがつきます。
重要なのは目的を持ち、その達成にどうアプローチしていくかです。
今回お小遣いは、あくまでもその学習ツール、練習台です。
目的を持ち、その達成にアプローチすることが、お金の使い方だけでなく、色々な物事に重要だと気付いてほしいです。

なぜお小遣いなのか

目的を持ち、それにアプローチすることの大切さに気付いてほしい。
ここでお小遣いを学習ツールとして利用しているのは、学校で学ぶ機会がないからです。
日本の学校教育では、お金についてはほとんど勉強しませんよね。
金融教育も兼ねることができる、
また目に見えて具体的な数字として話ができる点もお小遣いを利用した理由です。
具体的だと目的として設定しやすいですからね。

スポンサーリンク

目的を持って、それを目指すために

全てに目的を持てとは言いません。
時には何も考えずに行動することもあっていいでしょう。
しかし、『目的を持って、それを目指すためにどうアプローチしていくか』は、物事の重要なエッセンスだと思います。

目的を設定する

目的がなければ、ゴールラインがわかりません。
それは何を、どのように、どの位頑張ればいいのかがわからないということです。
目指すものを設定できる人は、ゴールラインが具体的なので、頑張りやすいのだと思います。
できれば無意識に目指すものを設定できるようになりたいですね(自戒を込めて)。

設定した目的に向かってアプローチ

目的を持っても、実際に行動しなければ意味がありません。
アプローチはどうするか?
段階を分けて進めるのか、一気に突っ走るのか、下準備に時間を掛けるのか。
色々なアプローチ方法があると思いますが、それを実際に行動に移して、経験する。
それが物事に対する幅を広げることになるのだと思います。
そして自分の幅を広げることにつながってくるのだと思います。

我が家の一例

我が家の長男は自分からお小遣いの目標を設定しています。
それは『欲しい物(恐竜のおもちゃ)を買うために貯める』です。
小学一年生にしては立派だと思います(親バカ)。
特に、親の促しがなくても目的を決めたのはいいと思いました(親バカ)。

お小遣いを貯めてみて

少しずつですが、お小遣いが積みあがっています。
目的以外には使わずに、貯めることを意識していることがわかります。
その反面、お金を貯めるということは大変だと話していました。
それがお金を稼ぐことが大変だとつながっていければ、お小遣いを始めた意義があるのだと感じます。

長男の買いたい物を買うにはまだ時間が掛かりそうです。
その道程で色々気付きがあるといいですね。

我が家の長男のお小遣いについて
・目的:恐竜のおもちゃを買う
・実際のアプローチ:他の物には使わずに貯める
・反省:時間が掛かる(現状の方法では)
・収穫:お金を貯めることは大変だと気付く

まとめ

今回は、以下のようなポイントを押さえて記事にしました。

・こどもに『物事は目的を持つことが大切』だとわかってもらいたい
・目的を設定して、その達成のために実際にアプローチすることを経験してほしい
・そのために学習ツールとしてお小遣いを利用
・上記を踏まえた我が家の一例
まだまだ時間が掛かることですが、のんびりとやっていきたいです。
また変化があれば記事にしていきます。
『こどものお小遣いの目的』について、参考になれば幸いです。
以上、最後までお読み頂きありがとうございました。
スポンサーリンク

コメント