仲直りにはスイーツをお土産にしてみよう

寄り添う夫婦

こんにちは、不器用父ちゃんです。

共働きは多忙です。
多忙になると余裕がなくなります。
些細なことでケンカになってしまうこともあるのが夫婦。
大きなケンカでなくとも、夫婦で仲違いがあると嫌ですよね。
こどもにも影響しちゃいます。
このケンカというものは、意見の相違でもあるので、仲直りは難しかったりします。

でも、コツを押さえれば意外に仲直りできちゃったりもします。
我が家もたまにケンカするので、その時はコツを押さえて仲直りします。

この記事では、ちょっとした夫婦のケンカの仲直りについて書いています。

この記事を読み終わると、『夫婦ゲンカの仲直り』についてコツが押さえられるはずです。

スポンサーリンク

ちょっとしたケンカの仲直りのコツ

スイーツ

結論を先に書くと、
ちょっとしたケンカなら、きっかけを作ってすぐに仲直りしよう
です。

ケンカは不毛

先にも書きましたが、夫婦ケンカはお互いだけじゃなく、こどもにも悪影響です。
(前略)
どのご家庭にも夫婦げんかはあるんですが、それが行きすぎてしまったり、何回も繰り返されてしまうと、子どもさんに被害はなくても、子どもさんが、暴力のやりとり、言葉の激しいやりとりを目撃するだけでも、心や脳にダメージがあることがわかってきました。
誰にも得にならないし、いいことは一つもないです。
仲直りできるなら、すぐにしてしまいましょう。

意地を張るのが一番損

意地を張ると仲直りしにくいですよね。
意地を張りたくないのに、自分とは違う自分が意地を張らせてしまう感じ。
あれは何でしょうね。
意地を張るのが一番損だとわかっているのに。

でも、意地を張るのが一番損だとわかっているなら、もうきっかけは掴んでいます。

きっかけ作りが大切

意地を張らないと口で言うのは簡単ですが、実際は難しいこともあると思います。
そんな時きっかけがあると、仲直りが楽になります。
仲直りのコツは、きっかけを自分で作るということです。
何でもいいので、自分がきっかけを作っていきましょう。
いつの間にか変な意地は消えていきますよ。

ここで、不器用父ちゃんを一例に挙げさせて頂きます。

我が家の場合(個人的な例)

不器用父ちゃんは仲直りのきっかけとして、以下のようなことをしています。

・帰宅時のお土産にスイーツを渡す
・仕事の休憩中にメールする
・ソファの隣に座る



スイーツのお土産

これが一番効きます(笑)。
何故かというとお互い好きなものだからです。
そして、きっかけとして物が目に見えるからです。
「反省している」、「仲直りしたい」という気持ちを目に見えて表現しているので、パートナーもむげには扱えません。
ここでのポイントは、普段中々買わない高級系だったり、パートナーの好きなものだったりすること。
そしてその買い物のせいで、普段より帰宅時間が遅くならないように注意することです。


仕事中の連絡

仕事中は家庭から離れた時間です。
そんな時に謝罪の連絡を入れてみてはどうでしょうか?
ツールは何でもいいのですが、文章であれば落ち着いて見れます
それがきっかけで電話をしてもいいですね。
話してしまうと感情がきかなくなるなら、帰宅後に話すと約束するところまででもいいです。
それだけで、もうきっかけは作れています。

隣に座る

家庭の中で物理的に距離を詰めるようにします。
意識して、パートナーの癇に障らないように。
それだけで話をする雰囲気になるので、きっかけ作りとしては意外に簡単です。
注意点としては、時間を置いてからすること。
そうしないと逆効果になりかねません。

スポンサーリンク

仲直りの前提ルールとして

我が家は事前に前提ルールを決めています。
この前提ルールがあると、仲直りが楽になりやすいです。
お互い落ち着いている時に決めたことですから、納得済みですしね。
以下がその前提ルールです。

・ケンカをしたら、その日の内に仲直りする
・悪いと思う方が先に謝る
・ケンカはこどもに見せない
この前提ルールは、ケンカすると自然に意識します。
しっかり話して決めることによって、「確かにそうやって話したよな」と自分に言い聞かせられます。
ただし、このような前提ルールを作るなら、それに縛られて我慢しすぎてしまわないように。
バランスが大切ですね。

まとめ

今回は、以下のようなポイントを押さえて記事にしました。

・共働きは忙しいから、ちょっとしたケンカはどんな夫婦にもある
・ちょっとしたケンカならコツを押さえて、すぐ仲直りしよう
・ケンカは誰も得しないし、こどもにも悪影響
・上記を踏まえて、我が家を一例として挙げる
・前提ルールがあると仲直りが楽に

この記事では、ちょっとしたケンカの仲直りについて書いています。
大きなケンカは例外ですので、この記事では扱いきれません。
すいません。

夫婦は長い道のりです。
これからも色々あるでしょう。
だから、すぐ解決できるものはできるだけ解決しておくといいですね。

『夫婦ゲンカの仲直り』について、参考になれば幸いです。

以上、最後までお読み頂きありがとうございました。





スポンサーリンク

コメント