仕事を休んで妻のリフレッシュを後押し

手をつなぐ夫婦

こんにちは、不器用父ちゃんです。

共働きのつらいところは育児に、家事に、仕事にと休む暇がないことです。
専業主婦(夫)の方々も同じですので、共感して頂けるかと思います。
でも忙しい中でも、人間ですからどこかで息抜きをしたいですよね。
今回は疲れている妻に対して息抜きをしてもらうべく、久しぶりのデートに連れ出した話題です。
いいリフレッシュになればと思っての行動ですが果たして。

この記事は『共働きの息抜き』について書いています。

この記事を読み終わると、「たまにはこどものことを忘れて息抜きすることもいいな」と思えるはずです。

スポンサーリンク

たまには息抜きも

腕組みデート

結論を先に書くと、

たまには何も考えずに息抜きしよう
です。

妻が疲れている

育児、家事、仕事と忙しく、奮闘してくれている妻が疲れていることを感じていました。
身体的な疲れもあると思いますが、精神的な疲れが大きいと思います。
育児、家事は協力し合ってやっているつもりでしたが、まだまだ不器用父ちゃんの力が足りないことを痛感。
育児、家事の配分にとらわれずに、先に寝てもらったりして立ち回っていたつもりでしたが。

精神的な疲労

タイミングが悪いことに三男の夜泣きも重なり、寝てしまうと地震でも起きない(自慢にならない(-_-;))不器用父ちゃん。
相当泣きさけばない限り、起きてあやすことを妻に頼り切ってしまっていました。
ごめんなさい。
妻はそれも受け入れてくれていましたが、先に寝てもらうことによる睡眠時間確保で身体的疲労はカバーできても、精神的疲労は中々取れないようでした。
今思うと、不器用父ちゃんがもっと色々できたのではないかと思います。

スポンサーリンク

デートに連れ出す

健康な妻ですが、出不精な面もあります。
人に引っ張ってもらわなければ、ショッピングも行こうとしません。
でも、口では「買い物行きたいな」とは言うんですが。

そこで妻の身体的疲労が回復したのを確認した上で、不器用父ちゃんが背中を押す形で、久しぶりにショッピングデートに出かけました。
今回の目的は妻の精神的疲労に対するリフレッシュです。

妻の仕事が午後休みの日を見計らって、不器用父ちゃんも仕事の整理をして午後休みを有休取得。
一日休みでのデートだと、こどものことや有休のことを考えて遠慮してしまう妻の性格。
それを考えての作戦ですが、妻も乗り気で楽しそうに出掛けてくれました。
平日なので小学校に長男、保育園に次男と三男が通っています。
そのため長男の帰宅と保育園のお迎えまでは、こどものことを一旦忘れることができます。
(本当に学校の先生や保育園の先生には頭が上がりません。ありがとうございます)。

自分のことは後回し

こどもができると、自分のことが後回しになるので中々服を買わなくなります。
家計のことを考えて、独身時代のようなお金の使い方もしません。
元々お金を使わない妻が、更に洋服を買わないことが気になっていたので、今回はショッピングをしようと提案しました。
時間的な制約も踏まえて、目的地も絞ります。
まずは妻の好きなファストファッションのお店に行くようにしました。
そして店は違ってもいいので、欲しいと言っていた靴を探しに出かけました。

久しぶりのデート

意外に新鮮でした。
我が家はこどもが寝た後しか2人の時間がありません。
そのためこどもについての会話もありましたが、それ以外のなんてことない会話も盛り上がりました。
妻のリフレッシュを目的にデートに誘ったのですが、不器用父ちゃんもリフレッシュできてよかったです。

因みに、目的としていた服と靴は買ってあげることができました(よかった)。

気づいたこと

今回2人でデートすることによって、以下のような気付きがありました。

・お互いがリフレッシュできる
・こどものことを一旦いい意味で忘れられる
・最近のお互いのことをじっくり話せる
・最近の世間のことを一緒に目にできる
・こどもも含めた家族のありがたみが再確認できる

わかってはいたんですが、改めて気づいたという感じです。
今後も少しの時間でもいいので、たまにでもいいので都合をつけてみたいと思います。

日常の中にささやかな楽しみを

結局最後には保育園のお迎えも一緒に行って、それも含めてデートになりました。
こども達も親が2人で迎えに行くことは珍しいせいか、とても喜んでくれました。

普段の生活は慌ただしく、毎日が戦いです。
でもそんな日常の中にも、たまにはゆったりとした時間を取り入れることが大切だと感じました。
ささやかでも楽しみを持つことで、また毎日を頑張れるのだと思います。

まとめ

今回は、以下のようなポイントを押さえて記事にしました。

・共働きは(専業主婦(夫)も)忙しく、身体的にも精神的にも疲れが溜まっている
・忙しい日常の中でも息抜きは大切
・短時間でも、たまにでもいいので息抜きの時間を取ろう
・上記を踏まえた我が家の息抜き一例
実はこどもが生まれてから、ちょくちょく今回のようなデートはしていたんですが、久しぶりのせいか改めての気づきが多いデートだったので記事にしました。
繰り返しになりますが、これからも頑張ろうと思えました。
『共働きの息抜き』について、参考になれば幸いです。
以上、最後までお読み頂きありがとうございました。
スポンサーリンク

コメント